味噌手作りセットなら杉浦醸造所

杉浦醸造所



今がチャンス!(2020年7月22日)
一昨年、甘酒用の釜を新調したお話を
このブログでもご紹介しましたが、
やはり長い事仕事を続けていると
設備も色々と老朽化してきます。

今回の話題は撹拌(かくはん)機。
味噌や醤油造りには欠かせない存在です。
前からメーカーさんに
「一度ちゃんと分解して
メンテナンスした方がいいですよ」と
言われていたのですが、
なにせ休ませる暇もない設備なので
「本年度の製造が終わるまでは・・・。」と
半年間頑張ってもらいました。

さて、製造期間が終わった今がチャンス!とばかり
メンテナンスをお願いしようと思い立ったのですが、
メーカーさんは新潟県。撹拌機は150kgを超える代物。
運送会社にお願いすると輸送には結構な料金がかかります。
そこで、仕事の落ち着いた今の時期なら!と、
自分で運ぶことにしました。

さて、新潟と言えば、
僕には悔しい思い出があります。
バスターミナルのそば屋で
立ち食いそばを食べたのですが、
ふと周りを見ると他のお客さんが
こぞってカレーを食べているんです。
そう、ピンときた方もいるかも知れませんが、
ここは県外からもカレー目当てに
人が訪れるというカレーの名店。
お客さんが食べていたのは
新潟名物「バスセンターのカレー」だったんです。
「何でみんな朝からカレーなんだよ(笑)」と、
何にも知らずに鼻で笑って
そばを食べて立ち去った過去の自分を
小一時間ほど説教してやりたい・・・。

そして今、
そのリベンジの時がやってきたのです。今がチャンス!
メーカーさんに撹拌機を預け、
いそいそとバスセンターのそば屋へ。
現在耐震工事のため、
隣接するホテルに店の場所を移していましたが、
無事カレーにありつくことが出来ました。
辛めの味で、確かにウマい!
名物と言われるだけのことはある!
スタッフやお世話になっている方への
お土産のレトルトカレーも手に入れて
ほくほくで帰って来ました。

あ、そうそう、撹拌機もしっかりメンテナンスしてもらって
新品同様になりました。
いやいや、
カレーを食べに行くついでに
撹拌機を持って行った訳じゃないですよ。うん。



>『味噌手作りセット』の杉浦醸造所TOPに戻る


>HOME  >伝統製法  >厳選素材  >作り方  >会社案内  >お問合せ