味噌手作りセットなら杉浦醸造所

杉浦醸造所



白い巨塔【後編】(2020年6月1日)
今回は先月の続き。
先月のブログを読んでいない方は、
そちらを先にお読みくださいね。

では、いよいよ手術・・・。
とはいうものの、いくらまぶたを切るとはいえ
目はつぶっているので何も見えず、
麻酔も効いているので何をされているやら全く分かりません。
ただただ定期的に動く血圧計の締め付けが痛いなー。
ということが気になっただけでした。

手術中の特筆すべきエピソードとしては、
まぶたを縫い終わったとき「見てみます?
」と鏡を渡されたのですが、
「ヘアサロンじゃあるまいし、
何?縫い方が気に入らなかったら、
縫い直してくれるの?」
と心の中で突っ込みを入れたことぐらいですね。
期待(?)されていた方はすみません。

無事手術は終わり、とりあえず痛みもなく、
あっさり家に帰ってきました。

まぶたが短くなったのでしばらくの間は
今までより意識的に目を閉じないと目が開いてしまうこと、
そのため涙が出やすくなること、
こうした、事前に聞いていた症状以外は全く問題ない感じでした。

先生には、「3日間はお酒はダメですよ」と言われましたが、
毎日の習慣は簡単に変えられません。
その上、今日は手術中から喉の渇きを我慢していたので、
「いつもはもっと飲むけど、今日は一本だけね。」
と缶ビールを開けました。
ビール片手に、「あ、また涙が出てるな。」
とティッシュで目を拭いてビックリ!
血まみれです。

ごめんなさい。3日間はお酒止めます。
3日間だから、3日後の午前中から解禁だよね?

<追記>
手術から約2ヵ月、僕自身は違和感があるんですが、
周りの反応はおおむね良好。
ブログの読者で心配してくださった方
(いらっしゃればですが)、ご安心ください。

先月の写真はキズ隠し用のサングラス。
なんとなく失礼な感じがして
あまり人前では掛けられないサングラスですが、
今はキズ隠しの言い訳があるので、
お気に入りのサングラスを掛けられます(笑)。
>『味噌手作りセット』の杉浦醸造所TOPに戻る


>HOME  >伝統製法  >厳選素材  >作り方  >会社案内  >お問合せ