味噌手作りセットなら杉浦醸造所

杉浦醸造所



白い巨塔【前編】(2020年5月15日)
さて今回は、先月のブログの後日談。
眼瞼下垂の手術のお話です。

コロナのこんな時期なので
手術を日帰りにしたのが前回までのお話。
奥さんは「車で送ったげるよ。」
と気軽に言ってくれたのですが
手術中、コロナの自粛モードの中で
時間つぶしに出歩く事もできません。
車に閉じこもって
手術が終わるのを待たせるのもどうかと思い
迎えにだけ来てもらう事にして、
電車で行くことにしました。

さて、順調に病院に着いて、
手続きもスムーズにいったのですが、
移動中に飲み物も口にできませんでしたし、
緊張のためか喉が渇く・・・。
自販機で水でもと思ったら小銭が無い!
病院の方に尋ねると、
売店で両替が出来る事を教えてくれたのですが、
あっという間に手術の順番が回ってきて、
「すぐ手術ですから、売店行ってちゃダメです。」
と言われてしまい
結局のどの渇きを我慢したまま
手術を迎えることになりました。

簡単な手術のイメージでしたが、
きちんと手術着に着替えさせられ、
手術専門の若い女性看護師さん3人に取り囲まれて
手術室に移動します。
看護師さんたちはリラックスさせようと
色々フランクに話しかけてくれるのですが
オジサンは若い子にチヤホヤされているようで
何だかニヤけてしまいそうでそれを押さえるのに必死。
手術自体への緊張もあって、さらに喉が渇きます。

手術室は物々しい機械やモニターが並んでいて、
簡単な手術にしては
かなり大げさなのではドラマで見るような本格的な設備です。
手術台に上がると体に色々な計器を取り付けられて
なぜかぎゅうぎゅうに締め付けて来る自動血圧計で
測られた数値は195!
普段は血圧が高いなんて言われたことないのに、
看護師さんたちのせいか手術の緊張のせいか・・・。
そうこうしているうちに、
手術着にマスク・手袋姿の先生が登場です。

さて、次回はいよいよ手術。待て次号!

なぜこの写真なのかの答えは来月のブログで!
>『味噌手作りセット』の杉浦醸造所TOPに戻る


>HOME  >伝統製法  >厳選素材  >作り方  >会社案内  >お問合せ