味噌手作りセットなら杉浦醸造所

杉浦醸造所



 新人従業員さん (2018年2月20日)
今月も「大忙しの60日」継続中。
壁には出荷準備中の注文ファックスが貼られているのですが、
その数200枚。
内容を確認しながら、商品を箱詰めしていきます。

注文内容の変更の電話もひっきりなし。
出荷待ちの100個を超す段ボール箱の中から変更のあったお客様の箱を探して中身を入れ替えます。

外の寒い風が吹き込む倉庫での仕事。
サウナのような暑さの中で行う麹づくりの仕事。
うちの仕事に楽な仕事はありません。
それなのに、皆文句も言わず、黙々と仕事をこなしてくれます。本当にありがたい限りです。
自分は、人に恵まれてるなあ。といつも思います。

ところで、僕はギャンブルをしません。くじ引きなどの運試しすらやりません。
それは、そこで運を使ってしまうのがコワいから。
僕の運の使い道は「求人で、いい人が来ますように!」と「いい大豆が手に入りますように!」
この二つに絞っています。ここぞとばかり、日頃使わない運を「ここで使わせて!!」とお願いします。

そのおかげかどうか、
従業員募集をかけると本当にいい人が来てくれるんです。
今年の新人さんは3名。春までの予定のパートさん達で、20代の若い方もいます。
皆さん仕事の覚えも早いし、一生懸命やってくれます。

毎朝、届いている膨大なご注文を見ると、
「どうなっちゃうんだ?今日中に終わるのか?」とおののくこともありますが、
必死に皆で仕事して、夕方になると倉庫がきれいに片付いている・・・。
心から、ほっとします。
あー。今年の3人も春までと言わず、その後もずっとうちで働いてくれないかなあ。
どうやってねぎらったらいいのかな?そうだ、飲みに誘ってみよう!
でも待てよ、「パワハラ」とか「セクハラ」って思われる?
昔は気軽に誘えたのに、今や自分と30歳近くも年下の人にどう接したらいいんだろう?
自分がオヤジになったのか?世間が変わったのか?ムムム・・・。

結局、万感の思いを込めて「今日もありがとう」と帰路につく従業員さんを見送るのでした。



作業中







作業後

>『味噌手作りセット』の杉浦醸造所TOPに戻る


>HOME  >伝統製法  >厳選素材  >作り方  >会社案内  >お問合せ