味噌手作りセットなら杉浦醸造所

杉浦醸造所



 食わず嫌い(2014年06月01日)
たまにはおいしいものが食べたい。
と思うと、頭に浮かぶのはお寿司です。

僕は子供のころから少し偏食気味で、
生魚が食べられませんでした。
白身の刺身なんて無味でゴムのような食感で
どこがおいしいのかさっぱり解らなかった。
でも、つれあいは何でもおいしく食べる。
長野県で育った彼女は、子供のころ
新鮮な魚を食べられなくて(今はそんなことないのですが)
海のある愛知県に嫁に来た時
「これからは、たくさんおいしい魚が食べられる!」
と思っていたそうです。
なのに夫(僕)は生魚嫌い。お寿司屋さんに行ったこともない。
「こんなヒドイこと無い!」といつも不満タラタラでした。

ところが、40歳の時(今から7年前)お付き合いで
連れて行かれた松由さん(岡崎のお寿司屋さん)でのこと。
友人が石カレイのにぎりを塩とレモンであまりにも
おいしそうに食べているので、
恐る恐る試してみたら・・・これがウマイ!
人生の何かが大きく変わった瞬間でした。
すごく不思議な体験でした。
こういうことってあるんですね。一瞬で味覚が
変わってしまったようです。
感動したので次から次へといろんなものを試してみました。
ヒラメ、カツオ、アジ、キンメ、マグロ、どれもおいしくて
お寿司が好きになりました。かわりダネのアボカドと
赤身巻きは大好物です。

時おり夫婦で松由さんへ行くのですが、いつ行っても
大将も息子さんも(東京の修行から戻ってきた)
変わらぬ笑顔で迎えてくれます。
カウンターに座ってビールとおつまみをつまみつつ
気楽な会話をしていると
まるで僕の好きなBarにいるみたいです。
そうか!寿司屋はJapaneseなBarなんですね。
厳選した材料と鍛錬した腕前と楽しい会話。
どおりではまってしまうワケです。

なんだかこの文章を書いていたら、行きたくなってきた。
あー!勝手に手がケータイに伸びて予約の電話を・・・。
>『味噌手作りセット』の杉浦醸造所TOPに戻る


>HOME  >伝統製法  >厳選素材  >作り方  >会社案内  >お問合せ